このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

モジュール:tf.summary

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

解析と可視化で使用するために、要約データを書き込むためのオペレーション。

tf.summaryモジュールは、要約データを書き込むためのAPIを提供します。このデータはTensorBoard、TensorFlowが付属して可視化ツールキットで可視化することができます。参照してくださいTensorBoardのWebサイトをこれらのAPIを使用する方法についてのより詳細なチュートリアル、または下記のいくつかの簡単な例について。

熱心な実行、TF 2.0のデフォルトでの使用例:

 writer = tf.summary.create_file_writer("/tmp/mylogs")
with writer.as_default():
  for step in range(100):
    # other model code would go here
    tf.summary.scalar("my_metric", 0.5, step=step)
    writer.flush()
 

使用例tf.functionグラフ実行:

 writer = tf.summary.create_file_writer("/tmp/mylogs")

@tf.function
def my_func(step):
  # other model code would go here
  with writer.as_default():
    tf.summary.scalar("my_metric", 0.5, step=step)

for step in range(100):
  my_func(step)
  writer.flush()
 

レガシーTF 1.xのグラフ実行と使用例:

 with tf.compat.v1.Graph().as_default():
  step = tf.Variable(0, dtype=tf.int64)
  step_update = step.assign_add(1)
  writer = tf.summary.create_file_writer("/tmp/mylogs")
  with writer.as_default():
    tf.summary.scalar("my_metric", 0.5, step=step)
  all_summary_ops = tf.compat.v1.summary.all_v2_summary_ops()
  writer_flush = writer.flush()

  sess = tf.compat.v1.Session()
  sess.run([writer.init(), step.initializer])
  for i in range(100):
    sess.run(all_summary_ops)
    sess.run(step_update)
    sess.run(writer_flush)
 

モジュール

experimentalモジュール:tf.summary.experimental名前空間の公開API。

クラス

class SummaryWriter :インタフェースステートフル要約ライターオブジェクトを表します。

関数

audio(...)オーディオ要約を書きます。

create_file_writer(...) :指定したログディレクトリのサマリファイルライタを作成します。

create_noop_writer(...)何もしません要約ライターを返します。

flush(...)ストレージに任意のバッファされたデータを送信するために強制的に要約ライター。

histogram(...)ヒストグラムの要約を書きます。

image(...)画像の要約を書きます。

record_if(...) :上または提供ブール値あたりのオフ要約記録を設定します。

scalar(...)スカラー要約を書きます。

should_record_summaries(...)要約を記録する場合はtrueですテンソルブール値を返します。

text(...)テキスト要約を書きます。

trace_export(...)停止し、輸出概要および/またはプロファイルファイルなどのアクティブ・トレース。

trace_off(...) :現在のトレースを停止し、任意の収集した情報を破棄します。

trace_on(...)レコードの計算グラフとプロファイル情報へのトレースを開始します。

write(...) :1が存在する場合は、デフォルトのSummaryWriterに、一般的な概要を書き込みます。