このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.cast

TensorFlow 1バージョン GitHubでソースを表示する

テンソルを新しい型にキャストします。

ノートブックで使用

ガイドで使用チュートリアルで使用

この操作は、 xTensor場合)またはx.valuesSparseTensorまたはIndexedSlices場合)をdtypeます。

例えば:

x = tf.constant([1.8, 2.2], dtype=tf.float32)
tf.dtypes.cast(x, tf.int32)
<tf.Tensor: shape=(2,), dtype=int32, numpy=array([1, 2], dtype=int32)>

この演算は、 uint8uint16uint32uint64int8int16int32int64float16float32float64complex64complex128bfloat16データ型( xおよびdtype )をサポートします。複合型( complex64complex128 )から実数型にキャストする場合、 xの実数部分のみが返されます。実数型から複合型( complex64complex128 )にキャストする場合、戻り値の虚数部は0設定され0 。ここでの複合型の処理は、numpyの動作と一致します。

x 数値型のTensorまたはSparseTensorまたはIndexedSlicesuint8uint16uint32uint64int8int16int32int64float16float32float64complex64complex128bfloat16 complex128bfloat16ます。
dtype 宛先タイプ。サポートされているdtypeのリストはxと同じです。
name 操作の名前(オプション)。

A Tensor又はSparseTensor又はIndexedSlicesと同じ形状を有するxと同じタイプdtype

TypeError xdtypeキャストできない場合。