このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.math.abs

TensorFlow 1バージョン GitHubでソースを表示する

テンソルの絶対値を計算します。

ノートブックで使用

ガイドで使用チュートリアルで使用

整数値または浮動小数点値のテンソルを指定すると、この演算は同じタイプのテンソルを返します。各要素には、入力内の対応する要素の絶対値が含まれます。

複素数のテンソルxが与えられると、この演算はxの各要素の絶対値であるfloat32またはfloat64型のテンソルを返します。複素数\(a + bj \)の場合、その絶対値は\(\ sqrt {a ^ 2

  • b ^ 2} \)。例えば:
x = tf.constant([[-2.25 + 4.75j], [-3.25 + 5.75j]])
tf.abs(x)
<tf.Tensor: shape=(2, 1), dtype=float64, numpy=
array([[5.25594901],
       [6.60492241]])>

x A Tensor又はSparseTensorタイプのfloat16float32float64int32int64complex64又はcomplex128
name 操作の名前(オプション)。

絶対値を含む、 xと同じサイズ、タイプ、スパース性のTensorまたはSparseTensorcomplex64またはcomplex128入力の場合、返されるTensorは、それぞれfloat32またはfloat64型にfloat32ます。

xSparseTensor場合、 SparseTensor(x.indices, tf.math.abs(x.values, ...), x.dense_shape)返します