このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.math.argmax

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

テンソルの軸間の最大値でインデックスを返します。

ノートPCで使用されます

ガイドで使用チュートリアルで使用されます

アイデンティティの場合、最小のインデックスを返します。

例えば:

A = tf.constant([2, 20, 30, 3, 6])
tf.math.argmax(A)  # A[2] is maximum in tensor A
<tf.Tensor: shape=(), dtype=int64, numpy=2>
B = tf.constant([[2, 20, 30, 3, 6], [3, 11, 16, 1, 8],
                 [14, 45, 23, 5, 27]])
tf.math.argmax(B, 0)
<tf.Tensor: shape=(5,), dtype=int64, numpy=array([2, 2, 0, 2, 2])>
tf.math.argmax(B, 1)
<tf.Tensor: shape=(3,), dtype=int64, numpy=array([2, 2, 1])>
C = tf.constant([0, 0, 0, 0])
tf.math.argmax(C) # Returns smallest index in case of ties
<tf.Tensor: shape=(), dtype=int64, numpy=0>

input A Tensor
axis 整数、横切って低減する軸。 0にデフォルト設定されます。
output_type オプションの出力DTYPE( tf.int32又はtf.int64 )。デフォルトはtf.int64
name 操作のためのオプションの名前。

A Tensor型のoutput_type