このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

tf.gather

TensorFlow 1つのバージョン GitHubの上のソースを表示

paramsは軸からスライスを集めるaxis指数に応じ。

ノートPCで使用されます

チュートリアルで使用されます

paramsは軸からスライスを集めるaxisに従ってindicesindices任意の寸法(通常、0-D又は1-D)の整数テンソルでなければなりません。

0-D(スカラー)のためのindices

$$開始\ {ALIGN *}出力[P_0、...、P_ {軸-1}、&& &&& P_ {軸+ 1}、...、P_ {N-1}] = \\のparams [P_0、 ...、P_ {軸-1}、&&指数、&&& P_ {軸+ 1}、...、P_ {N-1}] \端{ALIGN *} $$

Nは =ここでndims(params)

1-D(ベクトル)のためのindicesbatch_dims=0

$$は、{*} ALIGN出力[P_0、...、P_ {軸-1}、&&&I、&& P_ {軸+ 1}、...、P_ {N-1}] = \\のparams [P_0を開始\ 、...、P_ {軸-1}、&&指数[&I]、&& P_ {軸+ 1}、...、P_ {N-1}] \端{ALIGN *} $$

一般的なケースでは、ここで出力テンソルを生成します。

$$ \ {ALIGN *}出力[P_0、&...、P_ {軸-1}を開始、&& I_ {B}、...、I_ {M-1}、&P_ {軸+ 1}、および...、P_ {N-1}] = \\のparams [P_0、&...、P_ {軸-1}、および指数[P_0、...、P_ {B-1}、I_ {B}& 、...、I_ {M-1}]、&P_ {軸+ 1}、&...、P_ {N-1}] \端{ALIGN *} $$

ここで、N = ndims(params) 、M = ndims(indices) 、及びB = batch_dims 。なおparams.shape[:batch_dims]と同一である必要がありindices.shape[:batch_dims]

出力テンソルの形状は以下のとおりです。

output.shape = params.shape[:axis] + indices.shape[batch_dims:] + params.shape[axis + 1:]

バインドされたインデックスのうちを発見された場合、CPUの上に、エラーが返されることに注意してください。結合した指標のうち発見された場合、GPU上で、0は、対応する出力値に格納されています。

参照してくださいtf.gather_nd

params Tensor値を収集するから。少なくともランクでなければならないaxis + 1
indices インデックスTensor 。 :次のいずれかのタイプでなければなりませんint32int64 。範囲内でなければならない[0, params.shape[axis])
validate_indices 非推奨には、何もしません。
axis A Tensor 。 :次のいずれかのタイプでなければなりませんint32int64axisparams収集するindicesから。以上でなければなりませんbatch_dims 。最初の非バッチ寸法にデフォルト設定。負のインデックスをサポートします。
batch_dims integer 。バッチ次元数。より小さいか等しくなければならないrank(indices)
name 操作の名前(オプション)。

A Tensor 。同じ型を持っているparams